30代向け転職履歴書の書き方Navi

30代の方が転職履歴書を書くときに必要な知識とは?

仕事に支障を与える可能性があるような内容です。仕事に支障が出てしまうと予測されるような内容とは、長期の休みや残業で働くことができないような趣味を持っている・・・とか、肉体的に疲労が蓄積されてしまう特技を持っている・・・とか、ギャンブルなど精神的に不健康な趣味を持っている・・・などです。

 

このような趣味や特技は、アピールすればするほど採用担当者に悪い印象を与えてしまうのです。趣味や特技は、個性をアピールすることができる武器となるので、本来なら積極的にアピールすれば、それだけ印象は良くなるものです。しかし、選択する趣味や特技によっては、採用担当者を不安にさせてしまう可能性が出てきてしまうのです。

 

もし、仕事に支障ができるような趣味や特技が好きでも、転職履歴書に書かず、もちろん転職面接でもアピールしないようにしましょう。そんな不利になるようなアピールをあえてする必要はどこにもないからです。趣味や特技をアピールする時は、確実にプラスになるようなものだけを厳選してアピールするようにしましょう。

 

このように、転職履歴書の中でも、転職面接の中でも、話しが盛り上がったとしても、採用担当者を不安にさせるような部分を出してしまえば、それだけが原因で、不採用になってしまう可能性も出てきてしまうので十分に注意しましょう。

 

続きを読む≫ 2014/02/20 22:06:20

これは非常にもったいないことなので無理矢理でも何か記入しましょう。どんなにマニアックな趣味でも、たいしたことがない特技でもアピールしたもの勝ちなのです。

 

仕事の能力はキャリアやスキルでアピールすることができますが、人柄や人間性はなかなか転職面接という限られた時間でアピールするのは難しいのです。したがって、採用担当者はイメージだけでその人の人柄や人間性を想像するしかないのです。

 

親しみやすく魅力的な人柄や人間性をアピールすることができる最大の武器が趣味や特技なのです。趣味や特技から、健全な肉体と精神を上手にアピールすることができるのです。したがって、趣味や特技やできるだけ健康的で明るいものにしたほうが良いでしょう。

 

地味な趣味や特技よりも、みんながやってみたい!と思うような趣味や特技の1つや2つ持っていると転職で武器としてアピールすることができるのです。趣味や特技は、なにもプロ級のレベルである必要はないのです。かじっているだけでも転職履歴書に書いて良いのです。

 

もし、採用担当者が同じ趣味や特技を持っていたり、前々から興味を持っているような場合には、それだけで話しが盛り上がり印象がよくなるのです。だから、どんなに自慢できそうになりような趣味や特技でも、どこで採用担当者の心をひきつけるか分かりませんので、諦めずに自分の個性をアピールしてみましょう。

 

続きを読む≫ 2014/02/04 22:06:04

本人希望というだけあって、「○○くらいお給料が欲しい!」というようなリクエストを書けば良いのでしょうか?もし、そんなことを書けば一発で採用担当者に与える印象は悪くなってしまうでしょう。

 

ヘッドハンティングでもない限り、自分から○○くらいお給料が欲しいなどとアピールしては絶対にダメです。本人希望欄には、希望する職種や仕事に対する条件についての希望を書くようにしましょう。また、どうしても譲れない部分がある場合は、それを書きましょう。

 

ただし、どうしても譲れない部分を書く場合は、ある程度の覚悟が必要です。なぜなら、その希望を書くということは、採用担当者がその条件を満たしてあげることができない・・・と判断した時点で、不採用が決まってしまう可能性が高いからです。

 

つまり、よっぽどのことじゃない限り、本人希望欄に譲れない条件や待遇を書くのは、あまりおすすめできません。もし、そんな希望ばかり転職履歴書に書いてしまえば、いつになっても転職が決まらない・・・なんてことになりかねないからです。

 

つまり、待遇や条件などの細かい希望は、内定をもらってからの交渉のほうが安心して行えるということです。どうしても採用される前に、そういった待遇や条件のことが気になるなら、転職サイトを利用しましょう。転職サイトのコンサルタントにお願いすれば、事前に待遇面の交渉を代行してくれます!

 

続きを読む≫ 2014/01/30 22:05:30

 

第二新卒の人やフリーターの期間の長い人などは職歴を記入するとき、書くことがなくて空欄ばかりでは困ります。やはり、職歴は正社員として入ったところを書くものというのは理想なのですが、現実はここ最近の就職氷河期の影響からかバイト経験しか無い人も存在するわけです。

 

そこで、自分の職歴をアピールするためにあえて学生時代のアルバイト経験や長く勤めたバイト先はちゃんと記入し、少しでも自分の希望する業種、職種に関係がありなおかつできる人材であることを印象づけるよう書きましょう。

 

自分を最大限にアピールすることは応募するさいの礼儀です。あと、新人研修を受けたことや会社内での配属先の移動なども詳しく書きましょう。採用する側が具体的にあなたの経歴がわかることが大切になるからです。

 

例えば、新人研修の内容、配属先での業務内容、会社の規模などを記入しておくと採用する側がどのような経験をあなたが積んできたのかが具体的に思い浮かべやすくなります。たとえ、アルバイト経験でもちゃんと仕事内容を書いておき、どのようにがんばって働いたのかをアピールできるように書きましょう。

 

バイト経験でも以外にも接客経験はアピール度が高い場合もあります。アルバイト勤務のときは職歴にはアルバイト勤務と書いて長期のものは正社員の人と同じように働いていたことなどをアピールできると理想です。

 

短期のアルバイトばかりをいくつかしてきた人はまとめて記入しましょう。派遣社員の人は派遣先の会社、業務内容を仕事内容と統一して採用者側にどのような仕事をしてきたのかをわかりやすいように記入しましょう。

 

フリーランスや自営の人はできれば会社勤務経験があることを記入するようにしてください。採用する側としては組織の中で人と協調して働ける人なのかどうかが一番気かがりにかかるからです。以上の点に気をくばりながら職歴欄を詳しく記入してうめていきましょう。少しでも自分の経験をアピールするように書いていきましょう。

 

続きを読む≫ 2014/01/22 22:04:22

 

 

別にお菓子を食べることが悪いわけではないんです。

 

でも限度があると思います。

 

 

 

しかし、義母にはその限度なんて通じません。

 

通じたらどんなに私は楽だろう…。

 

 

 

上の子はお菓子ばかりで、あまり、ご飯は食べません。

 

だからお菓子を食べるならきちんとご飯を食べてからにして欲しいだけなんです。

 

 

 

でも、義実家にいけば、食べようが食べまいがお菓子が出てきます。

 

結局、泊まった間はずっとお菓子でした。

 

 

 

このまま、こんなことを続けたら体がおかしくなる気がします。

 

だから、我が家では当分お菓子が禁止にしたいと思います。

続きを読む≫ 2014/01/07 22:08:07